086-21-51981227 [email protected]

出荷ケースのバーコードラベリング

GS1バーコードラベルを配送ケースの複数の面に貼り付ける必要がありますか?(通常はコンプライアンス上の理由から)

ID Technologyは、最も売れ行きの良い252のプリンターアプリケーターを基に、いくつかのソリューションを提供しています。

252を使用したケースラベル付けの可能性は次のとおりです。

  1. コーナーラップラベル - ケース側面と前面
  2. コーナーラップラベル - ケース側面と後面
  3. 2つのラベル - 1つはケースの側面、もう1つは前面または後面に

1.ケース側面と正面

252Nの狭い通路のラベリングシステムはIDテクノロジーのリーディングエッジコーナーラップモジュールを備えています。このモジュールはコーナーラップラベリング用に特別に設計されており、工場用の空気を必要としません。コーナーラップモジュールは、最大13.25インチ×5インチ幅のラベルを処理できます。

動作中、ラベルはケース到着前にアプリケータグリッド上に供給される。ラベルは最初にケースの前面に貼り付けられてから、角の周りと側面に沿って拭かれます。

スイングアームアプリケータ

スイングアームアプリケータは、プリンタからラベルを取り出して、輸送用ケースの前面に貼り付けます。最初にこの面にラベルを貼り付けることによって、次にブラシがそれを角の周りと箱の側面を横切って拭きます。

スイングアームアプリケータはまた、必要なときにだけ小さいラベルを前面に貼付することができるという利点を有する。

2.角包装ラベル - ケースの側面と後面

二次ワイプ付きのタンブのアプリケータ

実績のあるタンプアプリケーターがラベルをケースの側面に貼っています。

アプリケーターを2次ワイプとマージする

ID Technologyのマージアプリケータは、印刷速度とアプリケーション速度を分離するように設計されており、従来のアプリケータタイプよりも高い出力を提供します。

システムに2次ワイプステーションを追加すると、ラベルを出荷ケースの側面に貼り付けてから、コーナーの後端面に拭き取ることができます。このタイプのアプリケータでは、ラベルの長さは8インチに制限されています。

タンプとマージの両方のアプリケータは、ケースの側面だけにラベルを付けることもできます。

3. 2つのラベル - 1つはケースの側面、もう1つは前面または後面に

二重パネルアプリケーター

ID Technologyのデュアルパネルアプリケータは、2つのラベルを出荷用ケースの側面と前面または後面に貼り付けるように設計されています。

アプリケーターは、2つの運動軸、前面または後面にラベルを付けるためのスイングスタンプ、およびケースの側面にラベルを付けるためのまっすぐなスタンプ運動を組み込む。

252汎用性

252プリンターアプリケーターはモジュラー設計であるため、ラベリング要件が変わった場合は別のアプリケーターモジュールに変更するのが簡単です。

コーナーラップラベリングシステム

オリエンテーション

252は、左右両方のバージョンと、さまざまな機械方向で供給できます(「リールアップ」方向専用に設計されている最先端のコーナーラップおよびマージアプリケータを除く)。

どれがあなたにぴったりですか?

私たちはあなたの特定のラベリングアプリケーションに最適な解決策を決定するためにあなたと協力します。